AWS EC2で容量ボリュームを増やす時のエラー対処法

「もう丑満時やで!はよ寝なさい!」

カマスです。

 今回初めてAWSのEC2のインスタンスの容量がパンパンになってサイトが遅くなったりメールが送れない事態が起きたので、急遽夜中に容量ボリュームの増やす作業を行いました。

ググるとたくさんの人たちが丁寧に容量の増やし方を書いてくださっていて助かったのですが、2点ほどつまづいたところつまりエラーが発生してしまったので備忘録として書いておきます。

エラー1 新しいボリュームをアタッチした後に起きたエラー

 これは手順通りに新しいボリュームをアタッチして、インスタンスを起動させようとした時にエラーが発生しました。

Invalid value ‘******’ for instanceId. Instance does not have a volume attached at root (/dev/sda1)

一瞬ヒア汗でした。。が調べたところ、新しいボリュームをアタッチする時に気をつけなくてはいけないところがありました。

それがバイス項目
f:id:kamasukun:20170127005702p:plain

インスタンスを設定したら自動的に割り振られますが、これを正してあげないといけません!!(ややこしや〜〜)

見るところはここ!!
f:id:kamasukun:20170127010003p:plain

あるサイトでは「/dev/sda1 を指定しなさい」とルートデバイスの方を入れれば大丈夫な記事を見ましたが、私がやったところエラーが発生

Attachment point /dev/sda1 is already in use

「もう使われてるぜ兄貴!」って言われちゃいました。

だもので、下のブロックデバイを指定したところすんなり行きました。

エラー2 ボリュームが反映されていない!!!

 さてお次はインスタンスを起動させました。上記のエラーは起きず正常に上がりました。念のためサイトへアクセスして問題なし!
ではSSHでサーバに入って容量を確認しようと「df -h」を叩いたら・・・・

おい、、、容量(ボリューム)変わってないやんけ。。。おまっ・・・パンパンやないか!!

頭真っ白!全くボリュームが反映されていないんです!

こちらも調べたらAWSのサイトに書いてありました。どうやらコマンドを打たないといけないみたいです。それがresize2fsというコマンドです。


使い方

まず本当にボリュームが反映されているか知りたい場合は、コマンドlsblkを打ってみてください。

[ec2-user@www ~]$ lsblk
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvde 202:64 0 60G 0 disk /

上の赤のところがあなたが増やした容量になっていれば正常です。

次にデバイスの名前を調べてください。


[ec2-user@www ~]$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/xvde 20511356 19078800 384136 99% /
tmpfs 1858276 8 1858268 1% /dev/shm

ポイントは赤くなっているところの「/dev/xvde」です。

そしてコマンドresize2fsの登場です

[ec2-user@www ~]$ sudo resize2fs /dev/xvde

これを打つとデバイスのリサイズが動いて下記のコメントが出てきます。しばらく時間かかりますので待ちましょう。

resize2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem at /dev/xvde is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 2, new_desc_blocks = 4
Performing an on-line resize of /dev/xvde to 15728640 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/xvde is now 15728640 blocks long.

これで再度df -hで容量を見ると。

[root@www ~]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvde 59G 19G 38G 33% /
tmpfs 1.8G 8.0K 1.8G 1% /dev/shm

ちゃんと反映されていますね!!

皆さんも注意して運用・保守しましょう!

kamasukun.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です