時間を大事にしたいなら移動時間、通勤時間を削る

まず結論から言うと、

時間を有効活用したいなら

出来るかぎり会社の近くに住むことです。




 

これはわたしが肌で体験したことです。

皆さんは通勤時間にどのくらいかけていますか?

かつて日本で働いていた時は片道2時間かけて出勤していました。

横浜の本牧ってところから、東京の東日本橋まで・・・

ちょっと異常でしたね。わたしが平均通勤時間を押し上げてたかなw

 

下記の記事だと日本の学生・サラリーマンはこのくらいだそう

通勤時間、理想35分→現実は平均58分 過半数が1時間以上かかる

通勤が長いと仕事の効率が悪くなる。あなたの通勤時間は?【都内平均は58分】

 

大学時代は片道1時間30分でした。

なので長時間通勤が体に染み付いていて、通勤はそれくらい時間をかけるのが当たり前だと

思っていました。

会社の近くに住むなんて微塵も考えた事が無かった。

 

しかし今は片道ドアtoドアで20分

 

わたしはシンガポールで3年以上働いていて、過去2回転職をしました。

なのでシンガポールで計3つの会社に所属しましたがどれも通勤時間は10分から30分以内でした。

 

会社に行くのが面倒だなんて全然思いません。

 

日本で働いている時は、通勤時間が有効活用しようとして

 

本を読んだり、ゲームをしたり・・・

 

しかし朝は起きたばかりだから眠いし、

帰りは仕事で疲れ果てて眠いし、なかなか有効活用なんて難しいものです。

 

しかも、日本の電車の椅子ってちょーーー快適でしょ!もし座れてもシートがフカフカですぐ寝れるw

日本の電車の中なんて作業する環境じゃありませんw

 

それと比べてシンガポールの電車の椅子はプラスチック製なので長時間座るとケツが痛くて寝れない。

座る気も失せます。

 

電車で寝ても疲れが完全に取れるわけがありません。だったら早く家に帰って睡眠時間を確保すべきです。

 

そもそも、通勤時間を有効活用しようとすることを考える事自体が間違っていて

時間を少しでも大事にしようという考えがストレスをためてしまいます。

 

もし時間が大事だと思うなら会社や学校の近くに住んで下さい。

 

特に家でも仕事が出来る人たちはなおさらです!

 

わたしもPCとネットがあればどこでも出来るのでさっさと帰ります。

そして何かあったらすぐ対応出来る様に携帯は肌身離さず、PCも近くに置いてあります。

 

というかPCは四六時中使っているので問題ないですw 動画みたり、Kindle読んだり

 

日本は家賃が高いので引っ越す決断がなかなか難しいですが、

ストレスは少なくしたい、時間を有効活用したい

 

と思うのであれば思い切って引っ越しましょう!

 

自分が動かないと環境はかわりませんよ。

 

ドットインストールとschooを比較した

わたしは新しいプログラム知識などの勉強を始めるときは

ドットインストールschooを観て学びます。

 

基本的にドットインストールとschooは初級から中級レベルが無料でしかも動画で学べます。

 

それぞれ特徴があるので下に書きます。

ドットインストールとschooの特徴

 ドットインストールschoo
コンテンツプログラミング・サーバなどエンジニア系に特化しているプログラミングからwebディレクション、英語やFXなども提供してる
動画スタイル1動画 約3分1動画 1時間から1時間30分
教える人先生は1人(最近はアシスタントもいる)各分野・授業に先生1人・(学生代表のアナウンサー的な人が1人
授業スタイル録画型 コマンドやプログラム画面中心 人は出てこない サテライト授業みたいライブ型・録画型(見逃しても後で観れる)
学校の授業みたい
特徴スクリプト(台本)やソース提供がある(有料会員)"ライブ動画時、そこで質問が出来る
事前準備のソースを提供してくれる(無料)"
感想3分と短いので端的で学びやすい1授業が長いので眠くなる
有料会員/月額880円(税込)525円(税込)

 

ちゃちゃっと知りたいならドットインストール

1つの動画が3分以内なので、敷居がとても低くまるで

280円居酒屋の様な感じでフラッとよれば良いです!

 

だけど内容はとても充実しているので、まず本を買う前に

 

ここで観て勉強するのが良いと思います。

 

ただシンプル化されているので、始めは早口で着いて行けなかったです。笑

 

仕事中、開発中など時間が限られている時にとても便利です。

 

塾に行ってみんなでお勉強って感じがschoo

 

schooは平日(土日もやってることもあります)にライブで中継して観る

 

つまり、ニコ生やUstreamを観ているのと同じ間隔です。

 

また見逃しても、録画されている(編集なし)のでいつでも観れます。

 

ただ、1つの動画が長いので観る前にちょっと身構えてしまいます。

 

あともう1つ気になる事は、schooは生放送でしかも生徒が直に質問が出来るので、

 

だらだら感が正直否めません。例えば、「もうここは知ってるよー」

 

ってところも飛ばせ無い(録画は可能)ので、別の作業していて気がついたら知りたいところも見逃した

 

なんてこともあります。

 

あとその分野・授業の専門家が講義してくれるのですが、あまり教えるのが上手ではない方もいます。

 

やはり先生と専門家は違うんだなって思いました。

 

ただ、授業の種類はドットインストールに比にならないほどあります。それはかなり魅力!

 

ちゃんと時間が作れる、休日や仕事後時間がある時に観ることおお勧めします。

 

 

これらの動画学習サイトは、あくまで初級から中級レベルなので

 

本格的に開発や実践するには、本を買うことをお勧めします。

 

「このプログラムは楽しい!」とか「これは俺に合ってるな」と

 

自分スキルを見つけるためにはとても良いサイトです!

 

取り敢えずどっちも安い!!

 

ドットインストール

http://dotinstall.com/

 

schoo

https://schoo.jp/

わたしがKindle(キンドル)を使う理由

至って簡単!

シンガポールに住んでるから!

以上、

 

ってこれで終わるのはつまらないんで、もうちょい書きます。

 

実はシンガポールは日本の本屋、紀伊国屋があります。

 

しかもドデカイのが2件

  1. Takashimaya (そうあの有名なデパート高島屋)
  2. Liang Court  (リャンコート シンガポール在住日本人は100%必ず行くショッピングモール。明治屋もあります)

 

紀伊国屋には日本語のマンガ・雑誌・小説・参考書だいたいの本はあります。

 

しかし

 

Web系の本が全く無し!

 

悲しいほど無いです。

 

たまーーにレアなケースでWeb開発の本があったりもしますが、値段が日本のします。

 

買う気が失せるのです。

 

なのでKindle必須なんです。

 

しかも、安いじゃないですか。

 

持ち運びもiPad mini1個に何十冊も持ち込める。

 

これはかなりデカい利点です。

 

よくKindleの使い方で、

小説・物語みたいに読み返さない本にはとても良いが、解説書や説明書などの本はKindleは合っていない。。。

というのを良く耳にします。

 

確かにプログラム系の本をKindleで買いますが、読みづらいです。

 

でもこれも結局は慣れの部分があります。

 

例えば、読んでいて

 

ココはまた読み返した方が良いな

とか

ココは重要でしょ

のページは「しおり」機能を使います。

 

これをすれば読み返す時にジャンプする事が出来ます。

 

さほど手間ではないです。

 

 

でもやっぱり本が恋しい時もあります。

 

たまに日本に帰ると必ず本屋に行って、Web系コーナ行って

 

恍惚感を得るのです。居るだけで気持ちが高揚します。笑

 

そして、大量に本を買ってシンガポールへ帰国。。毎回くっそ重いです。

 

そう、結果シンガポールはWebの情報はWebでしか取れないんです。。悲

 

じゃぁ英語版の本買えよ

 

ってなりますが、なんせわたし英本を読むと

 

寝ます

 

なんか魔方陣に見えてくるんですよねーなんなんでしょうあれ?笑

 

なのでKindleなんです!

 

多分、わたしの様に海外でWebをやっている人たちは同じ気持ちを持った事があるかと信じています。

 

もっとWeb系の本が海外にも輸出されますように!(恐らく無理だけど)

 

 

今日の一言

本をペラペラめくりながらWeb開発したい時ってあるじゃないですかぁ 笑