仕事でLine(ライン)を使わない方が良い理由

わたしの会社は社長を含めて6しかいないとても小さな会社です。

 

大きく2つに分かれており、わたしの居るITチームと保険の代行兼営業のチーム

 

この2チームは仕事上全く関与していませんので、普段は会話がありません。

 

わたしのチームは、デザイナー1人と日本で作業している部下1人の計3人

 

その上に社長とアドバイザーなのか良くわからない人がいて2人

 

この5人の基本的な連絡はLineラインで行われます。

 

理由は上の2人がLine(ライン)しか使えないから。(それ以外のツールを知らない)

 

わたし達の3人 業務上はLineは使わずにslack(スラック)やタスク管理ツールのtrello(トレロ)

 

日本に居る部下とはSkype(スカイプ)で会話します。

 

ここに出てきたslack(スラック)やタスク管理ツールのtrello(トレロ)の便利さは後日説明していきます。

 

 

Lineでの連絡は仕事効率を下げる?

これは持論です。

 

みなさんは、Lineをどうのように使っていますか?

 

友達・彼氏彼女・家族など、私生活やプライベートに使っている事かと思います。

 

もちろんLineは全世界で使われてますのでシンガポールでもみんな使っています。

 

 

さて、一昔に話題になった「既読」機能によるコミュニケーションストレス

 

中学生や高校生など、既読スルーしたらイジメにあった

 

これはプライベートで問題になっていました。

 

シンガポール人カップルの間でも既読スルーによる喧嘩などしょっちゅう聞きます。日本だけではないです。

 

酷い話だと、彼女からのLineを5分以内に返信しないとキレられるっていうカップルもいました。

 

恐ろしや。。。

 

なのでLine(ライン)はとても便利なツールですが、こういった欠点もあります。

 

 

なのでLine(ライン)を仕事上で使うとなると、プライベートよりももっとシビアになります。

 

もちろん、上手く使えばこれ以上便利なツールはありません。

 

スピード感や生産性がグッと上がるでしょう。

 

しかしこれは導入して最初の数ヶ月間だけです。

 

経営者、特に日本人の経営者に顕著だと感じますが、

 

彼らは24時間土日も関係なく仕事中心で動いています。

 

確かに、会社を経営しなければならないので当然の事と言えば当然です。

 

しかし社員はそうではありません。社員は雇われて契約の下で働いているのであって、社員は社員の時間の使い方があります。

 

それを経営者はLine(ライン)はすぐに連絡ができて便利だといってこんな使い方をしてしまっては、

 

 

そこに温度差が生まれ、土日もLine(ライン)から連絡・命令が来る事に疲れ果ててしまいます。

 

 

社員は束縛を感じLine(ライン)から連絡が来ても無視をし始めて、忙しいフリをしたり、気づかなかったフリをします。

 

もうこれは作業効率を下げ、ツールの意味を成していません。ただストレスが溜まるだけのツールに過ぎません。

 

業務時間内はLine(ライン)、業務時間外はEmailで連絡

 

そして経営者は自分のせいで社員の作業効率が落ちているなど微塵も思いません。

 

業務時間外や土日に連絡して

 

「なんで直ぐ返信してこないんだ、何やってんだあいつ」 なーんて愚痴っています。

 

もしこう思っている経営者の人がこれを読んでいたら、即刻Line(ライン)を使うのをやめて下さい。

 

完全なルール違反です。自分で自分の首をしめているだけだって事に気づいて下さい。

 

みんなでルールを作って下さい。

 

わたしは業務時間内はLine(ライン)で、業務時間外はEmilを使っています。

 

緊急性が高い時は電話かSkypeをします。

 

 

Line(ライン)には大きな欠点が・・・

 

さっき述べた様な理由もありますが、もう1つあります。それは、

 

過去の履歴が消える

Line(ライン)は一定量を超えると過去の記録は失くなってしまいます。

 

これはよく会話に良く出てくる、この前あなたはこう言った、いやそんな事言っていない。

 

と言う、言った言わないの問題と全く同じ現象が起き得ます。

 

これは仕事をやっていく上で大きな問題です。

 

よって重要な内容はLine(ライン)でやり取りすべきではありません。

 

 

仕事でLine(ライン)を使うならSkypeのチャット機能の方が良いです。過去の履歴も消えません。

 

ドットインストールとschooを比較した

わたしは新しいプログラム知識などの勉強を始めるときは

ドットインストールschooを観て学びます。

 

基本的にドットインストールとschooは初級から中級レベルが無料でしかも動画で学べます。

 

それぞれ特徴があるので下に書きます。

ドットインストールとschooの特徴

 ドットインストールschoo
コンテンツプログラミング・サーバなどエンジニア系に特化しているプログラミングからwebディレクション、英語やFXなども提供してる
動画スタイル1動画 約3分1動画 1時間から1時間30分
教える人先生は1人(最近はアシスタントもいる)各分野・授業に先生1人・(学生代表のアナウンサー的な人が1人
授業スタイル録画型 コマンドやプログラム画面中心 人は出てこない サテライト授業みたいライブ型・録画型(見逃しても後で観れる)
学校の授業みたい
特徴スクリプト(台本)やソース提供がある(有料会員)"ライブ動画時、そこで質問が出来る
事前準備のソースを提供してくれる(無料)"
感想3分と短いので端的で学びやすい1授業が長いので眠くなる
有料会員/月額880円(税込)525円(税込)

 

ちゃちゃっと知りたいならドットインストール

1つの動画が3分以内なので、敷居がとても低くまるで

280円居酒屋の様な感じでフラッとよれば良いです!

 

だけど内容はとても充実しているので、まず本を買う前に

 

ここで観て勉強するのが良いと思います。

 

ただシンプル化されているので、始めは早口で着いて行けなかったです。笑

 

仕事中、開発中など時間が限られている時にとても便利です。

 

塾に行ってみんなでお勉強って感じがschoo

 

schooは平日(土日もやってることもあります)にライブで中継して観る

 

つまり、ニコ生やUstreamを観ているのと同じ間隔です。

 

また見逃しても、録画されている(編集なし)のでいつでも観れます。

 

ただ、1つの動画が長いので観る前にちょっと身構えてしまいます。

 

あともう1つ気になる事は、schooは生放送でしかも生徒が直に質問が出来るので、

 

だらだら感が正直否めません。例えば、「もうここは知ってるよー」

 

ってところも飛ばせ無い(録画は可能)ので、別の作業していて気がついたら知りたいところも見逃した

 

なんてこともあります。

 

あとその分野・授業の専門家が講義してくれるのですが、あまり教えるのが上手ではない方もいます。

 

やはり先生と専門家は違うんだなって思いました。

 

ただ、授業の種類はドットインストールに比にならないほどあります。それはかなり魅力!

 

ちゃんと時間が作れる、休日や仕事後時間がある時に観ることおお勧めします。

 

 

これらの動画学習サイトは、あくまで初級から中級レベルなので

 

本格的に開発や実践するには、本を買うことをお勧めします。

 

「このプログラムは楽しい!」とか「これは俺に合ってるな」と

 

自分スキルを見つけるためにはとても良いサイトです!

 

取り敢えずどっちも安い!!

 

ドットインストール

http://dotinstall.com/

 

schoo

https://schoo.jp/

Adsenseに断られる 第2回

昨日再度Adsenseに申請依頼を投げたら

 

結構早く返事がかえってきまして。

 

 

「駄目!」

って言われました 笑

 

返ってきたメール内容は前回と全く一緒

 

やっぱたったこれだけの投稿数では全然足らないんでしょうね。

 

「adsense 審査 必要ページ数」で検索を掛けてみたところ

グーグルアドセンスの審査体験談のサイトを見つけました。

 

これに寄ると

 

私の経験上、1ページ最低でも800文字以上 理想は1000文字以上 ですね

 

だそうです。。。おーそうなんですね。ではわたしの過去の投稿したページの

 

文字数を出してみましょう。

 

タイトル 文字数

1

2015年スタート 195文字

2

WordPressのユーザ権限 current_user_can() 1102文字

3

クラウドソーシングで開発プロジェクトで中止を決定して思った事 2108文字

4

ドットインストールの3つのこれが良い 973文字

5

わたしがKindle(キンドル)を使う理由 956文字

6

Adsenseに断られる 第1回 963文字

 

んーわたしが予想してたよりも結構文字数打ってますねー

 

最初のは自己紹介がてらなので文字数が少ないものの、それ以外はまぁ悪くなさそう

 

それでも落とされるってことは、やはり投稿数が少ないってことなんすかね。。

 

確かにもしわたしがGoogleの審査官だったら、

 

こんな情報が少ないブログサイトにマネタイズさせる意味もないっしょ。

 

って思いますよね。

 

結論

 

次は投稿数が20個になったら審査依頼を再開!

 

なのであと14くらい必死こいて書いていきます!

 

Adsenseに断られる 第1回

昨日adsenseからこんなメール

AdSense のお申込み状況

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。
承認されなかった理由は次のとおりです。
不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

この問題を解決するには、次のヒントをお試しください。

ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。
コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。
ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。
広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。
ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。
YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

 

不十分なコンテンツ

調べたら沢山の人がこれでやられてる様ですね。

簡単に言えば要は、

「こんなコンテンツ、投稿数が十分じゃないサイトにサービス提供しないよ!」

って事ですね。

そりゃそうですよ。。 まだ投稿数5個ですもんね 笑

さて、どこまで作れば審査が通るのかやってみようと思います。

今日また審査依頼を出してみます。恐らく駄目でしょうけど。。

ってかこんな内容挙げていたら審査通してくれないか 笑

Google様お願いします。

 

結果は追って報告します。

わたしがKindle(キンドル)を使う理由

至って簡単!

シンガポールに住んでるから!

以上、

 

ってこれで終わるのはつまらないんで、もうちょい書きます。

 

実はシンガポールは日本の本屋、紀伊国屋があります。

 

しかもドデカイのが2件

  1. Takashimaya (そうあの有名なデパート高島屋)
  2. Liang Court  (リャンコート シンガポール在住日本人は100%必ず行くショッピングモール。明治屋もあります)

 

紀伊国屋には日本語のマンガ・雑誌・小説・参考書だいたいの本はあります。

 

しかし

 

Web系の本が全く無し!

 

悲しいほど無いです。

 

たまーーにレアなケースでWeb開発の本があったりもしますが、値段が日本のします。

 

買う気が失せるのです。

 

なのでKindle必須なんです。

 

しかも、安いじゃないですか。

 

持ち運びもiPad mini1個に何十冊も持ち込める。

 

これはかなりデカい利点です。

 

よくKindleの使い方で、

小説・物語みたいに読み返さない本にはとても良いが、解説書や説明書などの本はKindleは合っていない。。。

というのを良く耳にします。

 

確かにプログラム系の本をKindleで買いますが、読みづらいです。

 

でもこれも結局は慣れの部分があります。

 

例えば、読んでいて

 

ココはまた読み返した方が良いな

とか

ココは重要でしょ

のページは「しおり」機能を使います。

 

これをすれば読み返す時にジャンプする事が出来ます。

 

さほど手間ではないです。

 

 

でもやっぱり本が恋しい時もあります。

 

たまに日本に帰ると必ず本屋に行って、Web系コーナ行って

 

恍惚感を得るのです。居るだけで気持ちが高揚します。笑

 

そして、大量に本を買ってシンガポールへ帰国。。毎回くっそ重いです。

 

そう、結果シンガポールはWebの情報はWebでしか取れないんです。。悲

 

じゃぁ英語版の本買えよ

 

ってなりますが、なんせわたし英本を読むと

 

寝ます

 

なんか魔方陣に見えてくるんですよねーなんなんでしょうあれ?笑

 

なのでKindleなんです!

 

多分、わたしの様に海外でWebをやっている人たちは同じ気持ちを持った事があるかと信じています。

 

もっとWeb系の本が海外にも輸出されますように!(恐らく無理だけど)

 

 

今日の一言

本をペラペラめくりながらWeb開発したい時ってあるじゃないですかぁ 笑

   

ドットインストールをおすすめする 3つのこれが良い

明後日のCNY(チャイニーズニューイヤー)に向けて絶賛仕事モードガタ落ちのTylerです。

さて、ちょっと私事を少し書こうかなと思います(興味無かったら許してちょーだいw)

 

っていゆーのも、どうやってWebの勉強しているか。

 

タイトルにもありますが、まずは「ドットインストール」を利用させてもらっています。

 

知らない方で、Webの世界に興味あるかたは是非使ってみる事をお勧めします!

http://dotinstall.com/

スクリーンショット 2015-02-17 13.04.06

 

 

何が良いか3つ載せて行きます

1. プログラムやサーバなど種類が豊富

 あーそいえばこれ勉強したいなー あのプログラムってそもそもどうなってんだ?

Webをやっている人はフラッとそんな事考えたことがあるかと思います。

そういう時はこのドットインストールに来て見れば良いと思います!

だいたい流行のプログラムは網羅しています。

私も最近PHPやwordpressが飽きてきたので、新しいプログラムをマスターして

Webアプリを開発しようと考えています。

2. 必ず3分以内の動画を提供

コンセプトがしっかりしています。各動画を観て頂ければ分かりますが、必ず3分以内で

1トピックが終わるようになっています。

但しそのせいか、かなり早口ですので外人の方には向いてないかなw

わたしでも時々早すぎて着いて行けない時がありますw でもそんな時は動画停止すれば良いし

また、有料会員になるとScriptも用意されますのでかなり便利!

3. 無料登録でほぼ全部観れる!

何と言ってもこれでしょう!無料会員でほぼ全ての動画が観れます。

一部は有料会員のコンテンツもあります。

わたしは有料会員ですので全部観れるし、Scriptも動画のスピードも替えられて便利極まりない。

分からなければ何度見返して復習する。

動画で実際にコマンドやプログラムを打つのでたまにエラーなどもかましますが、

 

これは開発者としてよくやるミスですね。

 

それも観れてどこでミスしやすいかも分かるので、

 

開発を行う前にこのサイトを観ておく事を必ず進めます。

 

あとここのサイト主さん田口さんは百式というサイトも運営されています。

http://www.100shiki.com/

 

恐らくどのWebキュレーションサイトよりも早い情報、つまり海外のWeb情報を提供してくれるので

 

わたしは良く拝見しています。

クラウドソーシングで開発プロジェクトで中止を決定して思った事

今現在わたしが抱えてるプロジェクトは全部で4つある。

 

余り詳しくは載せられないけど

  1. 為替関係のサイト開発およびサービス運営(WP)
  2. 金融情報系サイトの開発及び運営(WP)
  3. クラシファイドサイトリニューアル及び完成後は運営(WP)
  4. 為替系Webアプリサーバ移行作業(Java,PostgreSQL, VB)

 

ご覧の通りほとんどWordpressで開発です。メンバーはWebデザイナー(台湾人)、ライター及びカスタマーサポート(若い日本人)でわたし(server構築、開発PHP,MySQL,Webマーケティング、取り敢えず彼ら2人が出来ない事全部って感じ)

 

計3人で進めています。

WordPressであればこの体制で問題ないんだけど、問題が4番!!

 

Javaのサーバ移行なんてやったことねーし!

 

わたしのスキル範疇を超えてるんで、仕方なくクラウドソーシングで依頼をしました。

 

さっそく要件や必要開発項目を記載して依頼を掛けたら、

 

来るわ来るわ、「私に任せて下さい!」、「まずはお話を」、「一週間で対応可能です!」

 

正直さいしょの印象は、

 

「飢えてんな・・・」

 

なーんて思いました。

 

前にクラウドソーシングをした事ある仲間からは、

 

「スキル高いやつばかりでなかなか良いよ」

って言ってたので、取り敢えず3人ピックアップして

社長に提案して1人に絞って仕事を依頼しました。

 

その子は27,8歳でわたしより少し若いが、なかなか敬語が出来ない

 

正直ちょっと不安ではありましたが、サーバの知識はわたしよりありそうだし

JavaもPostgreSQLも知ってる風だったのでまぁ良いでしょう。

 

最初は1から2週間で出来ますよ!って・・・

 

気がつけば1ヶ月、

 

「お待たせしてます、××や××がよく分からないのですが・・」

 

知らねーよ!

 

そもそもこのWebアプリですが、わたしが今の会社に入社する前に、社長がどっかの知り合い社長のSE会社に作ってもらったもので、わたしが入社した時には既に開発は終了していました。

 

しかし、社長は

「これすっげーー遅いよね、なんとかなんないの?」

 

って言う、Web素人の経営者が言いそうな言葉を発したので

 

「じゃぁ、Server替えれば良いんじゃないんですかね?」

 

って言ったのが全ての発端です。。今思えばなんでこんなに軽々しく言ってしまったのか後悔 orz

 

みなさんが思うところは、じゃぁその業者にサーバ移行依頼すれば良いじゃん

 

って思うでしょう

 

しかし、見積もりが高い。。そうですよねSE会社ですからね(確か60万くらい)

 

クラウドソーシングなら5万から10万で出来ちゃう!

 

まぁなんて魅力的!

 

しかし裏は沢山ありました。

 

さて、話を戻して・・・・・

 

そのクラウドソーシングで雇った若者は、

これが出来ない、これが分からない

仕様書がないから業者にこの部分聞いて下さい。

 

まぁこれくらいならしょうがない事なので良いのですが、

恐らくイライラしてたのでしょうね。

 

「そもそもこれWebアプリとして動いていたんですかね!」

 

なーんてさじを投げるような事を発言。 なんなんだこいつ。。。お前の友達じゃねーんだよ!

 

やはりお願いしている立場なので、ここはグッとこらえて

 

「分かりました、業者に確認しますので問題を洗い出して下さい。」

と伝えなんとかその場は終了。

 

そして、2ヶ月、3ヶ月。。。。終わらず。。

わたしも彼が分からない分からないと言うので、業者との間に立って

やり取りをしていました。

そしたら終いに

さすがにしんどくなってきました。

 

え?

言われた瞬間。

 

「もういい」と思いました。

 

こっちは他に何個も開発して運営してカスタマーサポートもして、パンパンだって言うのに

 

こんな事を平気で口にするんだ、仕事する人間としてどうなんだと思いました。

 

もう後は自分でやろうとして、時間がある時に業者さんとやり取りしながら頑張りました、

 

わたしが業者とやりとりをしている間は、その若者には待機してもらいました。

 

しかし、数ヶ月の頑張りもむなしくサーバ移行は完了出来ませんでした。

 

もうこれ以上はわたし自身時間もないし、すぐにマネタイズ出来るようなWebアプリでは無いので

 

中止を決定しました。

 

そこで、その若者に中止の意向を連絡しました。

お世話になります。お返事遅れて大変申し訳ございません。現状はさほど変わらず状況でございます。やはりJavaに精通しておられる人間が居ないとこれ以上は進まないと上の者と判断し、結論的には開発した業者様に再度依頼をかけ移行をお願いするか、他のJavaに特化した方に依頼する事に相成りました。誠に残念な結果ではございますが、これ以上○○様をお待たせしても対応外になる事は十分と考えられますので、○○様とは現時点で対応完了とさせて頂きます。尚、作業料はお支払させて頂きますが本件incomleteな結果となりましたので、¥¥¥¥(税別)お支払させて下さい。つきましては銀行送金させて頂きますので、○○様の銀行口座をお教え願えますでしょうか。

 

今ここで返事待ち

 

さてどう返答が返ってくるのでしょうか。。。

 

 

WordPressのユーザ権限 current_user_can の使い方

 

対象:Wordpressでユーザ権限を自動で与えたり、会員登録などするサイト開発する方

 

WordPressをある程度使って(開発)していると、絶対ここにぶつかります。

皆さんwordpressに権限があるのはご存知でしょうが、念のためWordpressのユーザ権限の種類を記載します。


権限グループ(日本語) 権限グループ(英語) 概要
購読者 Subscriber WordPressにログインすることが可能。
寄稿者 Contributor レビュー待ちの投稿を作成することができる。レビュー待ちになった投稿の公開は、編集者以上の権限グループのユーザーが行う。
投稿者 Author 投稿を行うことはできるが、固定ページや他のユーザーが作成した投稿を扱うことはできない。
編集者 Editor 投稿や固定ページ、カテゴリーなどを、他の人が作成した投稿を含めて扱うことができる。テーマやプラグイン、ユーザー、サイト設定を扱うことはできない。
管理者 Administrator トップレベルの権限グループで、すべての権限を持つ

後は本家サイトを見てもらえればもっと詳しく載っているのでもっと知りたい方はそちらへ

wordpress本家サイト->> ユーザーの種類と権限

 

で、開発者として実際日本語のグループ名なんていらないんですよ、説明文の時は良いけど

何故ならプログラミングは英語が命!

作っている時にif文やswitch文など、権限ごとの動作やコンテンツなど変えたい時は、

  • Subscriber
  • Contributor
  • Author
  • Editor
  • Administrator

これらが必ず必要です。

また、これらにはユーザレベル User Level って言うのがあります。

それがこちら

  • Subscriber       0
  • Contributor     1
  • Author              2
  • Editor               3,4,5,6,7
  • Administrator 8,9,10

これで分岐出来るんですが、これはWordPress 3.0以降で非推奨になっています。

今は最新はWordpress 4.1が出てるのでかなりお薦めしません

では、権限で分岐するif文を使う方法は。。。。

current_user_can() を使います。

こんな感じです。

これで、権限ごとに処理する事が出来ますね!