なんだこれ!? [updated がありません]だらけの ウェブマスターツールエラーの対処法

久しぶりの投稿です。

昨日久々にGoogleのウェブマスターツール(WebmasterTool)をぼーっと眺めていたら

どっさりのエラーを発見!!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

スクリーンショット 2015-03-14 10.26.20

下の部分

スクリーンショット 2015-03-14 10.26.44

そう見て分かります様に、どっさりの

「updatedがありません」

「updatedがありません」

「updatedがありません」

 

うへーw っと言う訳で「updatedがありません」でさっそく検索

 

そしたら速攻でました。

田舎に住みたいエンジニアの日記 に書いてあったものを参考にしてみました。

対処法は

Classに「date updated」を付け足すことで解消します。single.phpの中に「entry-date」の記述を探します。

おーそんだけかー!さっそくソースをチェックです!

あ、因にこれはWordpressの対応方法です

わたしのsingle.php

スクリーンショット 2015-03-14 12.08.35

ん???? なななない!!!

そりゃエラー出まくりますわねw

田舎さん曰く、entry-dateクラスにupdatedを付け足せば良いそうです。

わたしのSingle.phpはentry-dateクラスの記述もなかったので、それも田舎さんから引用させて頂きました、有り難うございます!

では早速updatedをupdate!

あとはGoogleクロール様に見つけて貰うまで待ちます。

 

っというかまだありまして、

スクリーンショット 2015-03-14 12.24.21

 

これが気になったので「ライブデータをテスト」をクリック

そしたら別件で警告を食らっていましたw

スクリーンショット 2015-03-14 12.26.07

もーなんじゃコレー

まぁでも削除してくれって言ってるんで、削除すればそれで良いのでしょう。

でも取り敢えずGoogle先生に質問

The class="hfeed" is used to apply metadata to your markup. The “hfeed” class is actually part of the hAtom 0.1 microformat specification.http://microformats.org/wiki/hatom. hfeed indicates to machines that the enclosed content is syndicated content (such as a blog feed).

このclass=”hfeed”はマークアップをメタデータにアプライするために使われるんだ。その”hfeed”クラスは実際 hAtom 0.1 microformatの仕様の一部だ。

hfeedは機械にエンクローズされたcontentはcontentを配給するように示してるんだな(ブログfeedみたいな感じ)

うおーー言ってることがわからんーーw 訳が間違っていると思うけどすいません!

 

取り敢えず消しましょw あ、このTesting toolで消せるんだー

スクリーンショット 2015-03-14 12.42.00

それでー「検証」ボタンをポン!

え。。。

スクリーンショット 2015-03-14 13.12.33

まだ、、、ある、、、

面倒くさがり屋のわたしはここで「閉じる」ボタン

取り敢えず警告だから大丈夫かなーっていう言い訳を自分にしてクロールさんを待つのでしたー